スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

知るだけではなく 見てください

月刊誌 北方ジャーナル 公式ホームページ  2010.7.22 記事より転載

札幌市動物管理センターの「殺処分」動画を公開

100901-2

市民に捨てられたペットが、いかに悲劇的な末路を迎えているのか。
発売中の本誌8月号では、札幌市動物管理センターを中心に犬猫たちの殺処分の現状をレポート、カラーグラビアページでは処分後の死体の写真を掲載した。

これまで同センターは、報道機関への収容動物(処分前)の撮影は認めてきた。しかし、二酸化炭素ガス注入による殺処分現場の撮影は「市民感情を考慮して」という理由で拒み続けてきたという。しかし、その一方で「身勝手な理由で飼育を放棄する市民に、意識を変えて欲しい」という切なる願いも抱き続けてきたのだ。

実態を直視することなく解決への道はないと判断した私は、幾度となく殺処分の撮影許可を要請した。そして、直接の撮影行為は認められないながらも、職員の研修用として過去に録画した映像を譲り受けることができたため、静止画として掲載した次第である。

だが、これは立法機関を含め、動物に対する意識レベルが低い「日本」という国全体の問題なのだが、北海道限定の雑誌メディアでは発信力にも限界がある。何よりも、これは「映像」として目に焼き付けなければならないものだ。同センターにはその意義を理解して頂き、ネットへの動画公開の許可に至った。

100901-3
「セブンデイズ-殺処分された犬たち-」 は大きな反響を呼んだ
(週刊朝日07年3月30日号)


現在、この類の報道は「AERA」がトップランナーで、様々な視点から頻繁に取り上げている。また、週刊朝日は、折り重なって死んだ処分後の犬の写真を掲載、そしてフジテレビ「ニュースジャパン」(09.9.23OA)でも、ガス注入から死に至るまでの映像を放送した。しかし、いずれも撮影した施設の場所は「某」であった。行政体という立場上、どこも名前だけは出してほしくないのだ。

今回、「札幌市」の名が同時に出る前提で公開を許可した同センター所長の英断に敬意を表したい。そして、動物を飼っている(飼おうとしている)多くの人々に、決して安楽死ではない現実を知って頂きたい。 (や)




はずかしながら 今の私のブログの知識では 動画掲載が難しいので

北方ジャーナル公式ホームページ  ← こちらをクリック下さい

私が転載させていただいた記事の最後で 動画を見る事が出来ます

どうか目をそむけず最後まで見てください これが現実です


私も保健所に送られた犬や猫達が どうなるかは知っていました
でも知っているのと 見るのとは全く違います
この子達は 殺処分された多くの命の一握りにすぎないのです

この記事を知ったのは いつも私が読み逃げさせてもらってるブログででした
ルナと暮らしていながら何も知らない私 無知とは罪なことだとあらためて実感させられました
少しでも多くの人に 見て 知って もらえたらと思います

スポンサーサイト
2010年09月01日 | Trackback(0) | 未分類

動物の遺棄・虐待は犯罪です

ルナ

チュプ

カレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。