スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ママにまかせて

昨日の記事のコメントに 重たくない? と コメントをたくさんいただきました
さすがに 小さなゴールデンのルナでも軽くはありません
ルナのサイズは 過去記事 はかってみよう を ご参照下さい

ルナは5歳の時に 背中にあるはずがない骨が1本形成されてることが発覚
その骨が神経に障り 痛みで 歩くことも 食べることも 出来なくなりました
1週間強い痛み止めを服用し どうにか痛みが消えましたが 完治したわけではありません
今も 毎日 甲状腺機能低下症 (過去記事) の薬とともに 
ヘルニアのサプリメントも服用しています

もし次に痛みが出たら 背中を開いての大手術になるであろう 
手術をしないと歩けなくなるし 手術をしても完治するかは わからない
もともと小さいルナですが それからは 体重管理は必須になりました

まさか 大型犬のルナを抱っこで階段を下りたり 微妙な高さも抱っこで上げたりするなんて
思ってもいなかった私ですが 愛する娘のためならママはなんでも出来るのです(笑


今日 あまりの寒さに とうとうダウンで ルナンポに行ったママでした

091030-1
 
2009年10月30日 | Comments(18) | Trackback(0) | 病院&病気

ここは何処?

まったりしてみえる ルナとぽんたですが・・・実は 診察後の病院の待合室
昨日 ルナは お腹の赤みの経過をみてもらいに・・・薬は終わりで この後も家で経過観察
ポンタは 膀胱洗浄・・・ 尿にたくさんの菌が・・・ 時間もかかり ポンタはぐったり

091005-1

日曜日のルナ  ボールを投げてルナが追いかけてる間に パパとママがかくれると
きょろきょろと探し しっぽふりふりやってくる  
その後 私達を探すのに夢中になり テニスボールは どこにやら

091004-1
石狩新港
2009年10月06日 | Comments(22) | Trackback(0) | 病院&病気

血液&ホルモン検査 090806

ここ一週間ほど とても気になることが (目は良くなりました)
もともと 甲状腺機能低下症のルナ 全体の毛は薄めなのですが 
いつもよりパッツン パッツンのような?
今朝一番で シャンプーして ドライヤーで乾かしていると なんだか増して薄い
もしかして 進行してる?

090806-1

急遽 病院で検査をしてもらうことに  朝6時と夜6時に 薬を飲むルナ 
ホルモン検査は11時半から12時すぎに行わなければいけません

血液検査の結果  H21.4.1の結果 H21.8.6の結果 ( )内は正常値
赤血球数  603 → 572 万  (550~1000万)
Hb      14.2 → 13.7     (12~18)
Ht       42 → 38      (40~55)
白血球数  4800 → 5200   (6000~15000)
Plt      18.3 → 17.4 万   (10~45万) 
Tp       7.0 → 6.8     (5.3~7.9)
Gpt       10 → 13      (<123)
T-cho    267 → 237     (84~287) 高いと 高脂肪食・甲状腺機能低下症

ホルモン検査 12 → 17 

ホルモン検査の値は 今までにないほど 良好 T-cho の値も下がってる
白血球数が少ないのは 甲状腺機能低下症になる前から (昔からなんでも値が低め)
気になるのは 赤血球数・Ht の数字 少し 貧血気味?
先生に聞いてみると 今の段階では 問題はないと思われるので(数年前も 低めだった)
気になるようなら 来月 もう一度 血液検査をするという事で決定
なんといっても 食欲旺盛で元気です

毛の状態は ホルモンの影響ではないよう
かゆみ・赤み・色素沈着 等はみられないので 様子をみることに
 
扇風機にあたりながら 気持ちよく寝るルナ 病院でちょっと疲れたね

090806-2

本当はあたち 血液&ホルモン検査は 10月までしなくていいって先生に言われてたのに
ママの心配性のおかげで 余分に血をぬかれちゃったの
2009年08月06日 | Comments(8) | Trackback(0) | 病院&病気

甲状腺機能低下症

今朝 ルナの左目に いままでにない量の目やにが・・・
今日は 病院に甲状腺の薬をもらいに行く日だったので 眼の検査をしてもらう事に
すると 左目ではなく 右目の眼球に傷が・・・えっ?右目?
傷自体はたいしたことはないよう 目薬を2種類処方してもらいました
ついでに 爪切りをしてもらい 
先生には 今の所 全く白内障の心配はなく 爪もしっかりしていて 
ルナしゃんは 若いね~と 褒めてもらいました

ルナは 7歳の時に 甲状腺機能低下症の病気が見つかりました
早期発見のおかげで 一生 薬は飲み続けなければいけませんが 
他の病気を併発せずにすんでます

この病気は 早期発見・早期治療が とても大切です
ほうっておくと 多くの臓器に影響をあたえ 他の病気を併発させ 死にいたる場合もあります

体重が増え始める・毛が抜ける(しっぽに はげが出来る ラット・テール)・寒がる・無気力・
悲しげな表情・疲れやすい etc・・・
少しでも 気になるようでしたら 病院で検査してもらって下さい
性別関係なく 大型犬に多く見られる病気です

診察がすんで 外に出ると雨
帰りにホームセンターに寄り パパに頼まれていた買い物をすませ帰宅

090727-1
2009年07月27日 | Comments(10) | Trackback(0) | 病院&病気
«« NEW | HOME | 

動物の遺棄・虐待は犯罪です

ルナ

チュプ

カレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。